【FF14】基本的な操作指南~黒魔導士の場合~

ということで、侍に続き黒魔導士の紹介です。
実際に使っている訳ではないジョブである事、そのジョブについて教わりながら記事を書いていますので、大きくは間違えていないはずですが
誤りがあった場合は申し訳ありません(‘ω’)

パッチ4.56現在の情報ですので、場合によっては誤りの事もあります。
ご了承ください。

黒魔導士の特徴

魔法ジョブである事は見ての通りですが、攻撃には基本的にキャストが入る為。
動きながら攻撃出来ないという欠点を持っています。
また、黒魔導士は侍と同様ピュアDPSと呼ばれるジョブでありシナジーと呼ばれる
いわゆるDPSを増加させるようなバフは持っていません。
しかし、単体だけで考えるとトップクラスとも言える程のDPSを出せる事が可能なので
時々タンクからタゲを奪うなんて事も珍しくありません。

30Lvまでの操作

基本的にはかなり簡単になっていて、ボスなどの単体相手であれば

サンダー(DoTと呼ばれる毒のような継続ダメージ)を敵に付与しMPが尽きるまでファイアを連打、なくなったらトランスを発動し、MPが回復するまでブリザドを連打、回復したらトランスを発動しファイアを連打のループです。
サンダーの効果が切れたら間でサンダーを付与しましょう。

またファイアを一度打つとこのような状態に。

アストラルファイアを1スタックしてる状態です、最初は2スタックまで可能で
スタック数が増えると威力が増加します。

次にブリザド・ブリザラを打つとこの状態。

スタック数が増えると共に、MPの回復量が増えます。
基本的に2スタックしていると、ほぼ満タンになるまでにそう時間はかかりません。

それぞれスタックしている時に、反対属性を使うと無属性状態になりますが
トランスを使う事で、反対属性の1スタックしている状態へと移行します。
無属性状態でいても良い事はないので、基本的には持続させるようにしましょう!

また、サンダーには追加効果があり27Lvまでは使ったら切れるまでは意識しなくても大丈夫ですが28Lvからコチラ。

これを習得する事により、サンダーの項目に追加効果という記載が出ます。

効果がいまいちわかりにくい人の為に、一発でわかるように言うと…。

既に付与されたサンダーのデバフの残り時間を清算し、さらに新しいサンダーを付与する事が可能となります。

また、この追加効果のあるサンダーを打てるようになった事を
通称procと皆呼んでおり、見た目も少しわかりやすい感じになっています。

ホットバーのスキルの表示はこうなり

キャラクターの横にはこういった文が流れます。

これがprocしたという合図になりますので、procしたら積極的に使っていきましょう。

雑魚など3体以上の場合、基本的にはMPが切れるまではファイラ、切れたらトランス発動しブリザド、MPが回復したら再びファイラのループとなります。

また、26Lvから使えるようになるサンダラはサンダーの範囲版になっています。
これは会敵時最初に使っておきましょう。
もちろんコチラもprocしたら即座に打っておくようにします。

なので、26Lv以降の場合はサンダラ→ファイラの流れがいいですね。
単調で簡単だと思いますが、サンダー関係のprocだけは見逃さないように注意しましょう!

コンバートはHPを犠牲にMPを回復するスキルで、今現状は使い時という時が少ないですが、60Lvからのスキル回しには組み込まれているようです。

50Lvからの操作

30Lvまでと比べると、割と増えてます。
中には重要でもファイガです、ファイガを使用する事でアストラルファイアのスタック数を最大まで引き上げる事が可能で、覚えた時は34Lv、なので2スタックまで一気に上げる事が可能です。
40Lvからはそれぞれ3スタックまで可能ですが、そちらも最大まで一気に引き上げる事が可能になっています。
但し詠唱が長い為、連発ではなく一発だけ打って後はファイアという使い方がいいでしょう。

  • ファイガ…アストラルファイアのスタック数を最大まで上げる+単体威力もそれなりですが、キャスト時間的に連発する程ではありません、ファイアHITした時40%の確率で詠唱無しでさらにMP消費も無しでファイガが打てる状態になるので、その時は打ち込みましょう。
  • フリーズ…打ち込む場所を自分で選び、攻撃する範囲技。
    35Lvで覚える事が出来ますが、聞くところによると使う事はほとんどないそうです。
  • ブリザガ…ファイガと対を成す存在のような感じ、アンブラルブリザードのスタック数を最大まで引き上げ、また覚える時が40Lvですが一緒に覚えるアクションダメージ・回復量アップIIの効果によりそれぞれスタックが3ずつになります。
  • サンダガ…サンダーの上位互換、勝手に差し代わります。
  • フレア…ファイラと同じで、ターゲットを中心とした範囲攻撃、ファイラと違うのは消費MPがALLという所(Lvによって下限はあります)
    また、詠唱が一番長い為使いにくさはあります。
    なので、使うとしたら迅速魔を噛ませて使う形がいいそうです。
  • エーテリアルステップ…PTメンバーのいる位置へ瞬間的に移動可能の移動スキル。
    動かずに詠唱する事でしかDPSを出せないキャストジョブにとって、使い方次第ではかなり強いスキルになります。

ボス(単体)の戦い方が少し変わります。
まずはブリザガから入り、MPが回復する状態にしてからサンダーを打ち込みます。
その後ファイガを打ち込みアストラルファイアのスタック数を3にしてから、ファイアの連打+サンダガproc時はサンダガ詠唱。

という流れになります。
ブリザガによりアンブラルブリザード状態3スタック開始で、サンダガを詠唱してもMPがすぐに回復する状態にし、その状態でファイガを詠唱する事で詠唱時間が半減するので、かなり素早く攻撃態勢に入る事が可能となります。

その後はprocするまではファイガは使わずに、ファイアを連打。
MPが切れたらまたブリザガから入り、同じループとなります。

60Lvからの操作

60Lvからもかなり操作が変わってきます。
まずは増えるスキルから紹介!

  • 黒魔紋…足元に魔法陣を展開、その中にいるキャストタイム及びにリキャストタイムを15%カットします。
  • 激成魔…ファイア・サンダー系列の追加効果発動率を100%に引き上げます(一度限り)
    ファイアやサンダー系を打つ前に使いましょう(コラプスにもありますが、気にしなくて大丈夫です)
  • エノキアン…一定時間自分の魔法与ダメージを10%上昇させる、またブリザジャとファイジャを詠唱可能となります。
    継続条件として、アストラルファイアorアンブラルブリザードの効果が切れたら同時にエノキアンも切れますが、基本的には切らさない事が重要となっています。
  • ブリザジャ…ブリザド系の攻撃ですが、追加効果に「アンブラルハート」を3つ付与され、効果としてはファイア系魔法実行時による消費MPの増加効果を防ぐ。
    さらに、68Lvからになりますがフレア実行時にアンブラルハートを全て消費する代わりに、消費MPを2/3にすることができます。
  • ファイジャ…ファイア系最強の攻撃です、ぎりぎりまで打つようにするといいでしょう、但しアストラルファイアの時間は更新されない為、最大でも13秒間しか打つ事が出来ません(属性が切れると同時に詠唱条件のエノキアンも切れる為)
    間でファイアを入れて時間を更新しましょう。

雑魚(三体以上)の時の攻撃としては、ブリザガ→エノキアン→サンダラ→黒魔紋→ブリザジャ→ファイガ→MP切れそうになるまでファイラ→迅速魔→フレア、コンバート→ファイラ→ブリザガ→ブリザジャ、サンダラ (くりかえし

ボス(単体)の時はブリザガ→エノキアン→サンダガ→黒魔紋→ブリザジャ→ファイガ→激成魔→ファイジャ*3→(秒数きれるので)ファイア→MP切れるまでファイジャ→procファイガ→コンバート→MP切れるまでファイジャ→ブリザガ→ブリザジャ、(いるならサンダガ) (くりかえし

70Lvからの操作

70Lvでやる事は一気には増えていませんが、かゆいところに手が届くといったスキルも増えています。

  • ラインズステップ…黒魔紋に移動します、なのでギミックなどで離れた際はこれを使い戻るようにすると時間短縮になります。
  • サンダジャ…サンダラの上位互換、勝手に差し代わります。
  • 三連魔…名前の通り、三連続でキャスト無しで魔法が打てます、基本的には詠唱が若干長いファイジャと合わせるといいでしょう。
  • ファウル…威力がバリ高い上に範囲攻撃の魔法。
    発動条件にエノキアンの追加効果が必要になります。

ファウルの発動条件として、ポリグロットというのが必要になります。
ポリグロット付与条件は、エノキアンを30秒持続させる事。
逆に言えば30秒毎にファウルが打てるようになるという事です。

エノキアンを切らさないようにより一層注意する必要がありますね!(‘ω’)

雑魚(3体以上)の場合のスキル回しは

ブリザガ→エノキアン→サンダジャ→黒魔紋→ブリザジャ→ファイガ→三連魔→フレア→迅速魔→フレア→コンバート→ファイジャ→ブリザガ→サンダジャ→ブリザジャ→(たまったらファウル)ファイガ→フレア (くりかえし

ボス(単体)の場合のスキル回しは

ブリザガ→エノキアン→サンダガ→黒魔紋→ブリザジャ→ファイガ→三連魔→ファイジャ→迅速魔→ファイジャ→激成魔→ファイジャ*2→コンバート→ファイア→ファイジャ*4→procファイガorブリザガ→ファウル→ブリザジャ→サンダガ→ファイガ→ファイジャ (くりかえし

となっています。

以上ざっくりとした黒魔導士の使い方でした。
協力はEquinoctial Week(通称もち)様のお陰です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク