初心者向け

【初心者向け】DPSを出す操作~その1~

メインクエストの方が終わり、エキスパートルーレットや討滅戦などを楽しもうと思った人の中で、自分はどれだけDPSを出せているのか知りたくなってくる人も中にはいるかもしれません。

そこで木人を初めて叩いたという人も少なくないでしょう。
しかし、そこで初めて自分は全然DPSを出せていないと気付く人もいます。
コンテンツなどの最中では、どうしてもはっきりと明確に数字がわかる訳ではないので木人でしか知る方法はないです。
※外部ツールを使用する事で知る事は出来ますが、運営は推奨していません。

どうしても一定水準である木人を破壊したい、けどどうすればいいのかがわからない。
そんな人に向けた記事となっています。

そもそもDPSとは?

DPSとは Damage Per Second の略称であり、ようするに1秒あたりのダメージの数字になっています。
この数字が5000だと1秒間に5000になり、10秒間に50000ダメージ。
1分間だと300000ダメージという訳です。

ロールの名前がDPSなのはなぜ?

他のゲームなどでは基本的にアタッカーと呼ばれる事が多いのですが
FF14ではDPSと呼ばれています、色んな推測も出ていますが
メレー(近接)レンジ(遠隔)キャスター(魔法)などが大まかな分類ですが
さらには補助に特化したジョブなども存在しますので、その辺りを総称しようとしたら、DPSという言い方になったんじゃないかなぁと。

また、他のゲームでもDPSと呼んでいる所もあるようですので単純にそちらと同じようにしよう、と考えたのかもしれませんね。

DPSを出す為の基本的な操作編

※あくまで基本的な事しかこの記事では書きません、逆にここに書いてある事が出来ていない場合は、DPSはかなり低いと思っていいでしょう。

GCDを腐らせない

これが大前提、GCDって何!?って人にはこちらを見て頂ければと思います。

FF14 ロドスト日記 「GCDってなあに?」

移動が面倒な方の為に、ざっくりとした説明は以下です('ω')

Global Cool-Down の略称がGCDであり、ウェポンスキルなどを使うと一定期間連続で使えないようになっています。
ウェポンスキルを使うと黒くなってくるっと回ってるやつがそうですね!

FF14では一つの戦闘で使えるスキルの数は限られています。
例えば蛮神戦が10分で時間切れとなり、倒せなければ全滅というコンテンツとして
ウェポンスキルのリキャストタイムが2.5秒としましょう。

600/2.5=240

つまり240回しかウェポンスキルが使えないという事となります。
しかし、皆が皆2.5秒で攻撃が使えている訳ではありません。
0.1秒毎回腐らせているとすると…およそ230回、つまり10回分の攻撃の差がつきます。

さぁ、貴方は一つのコンテンツでGCDをどれだけ腐らせずに叩けていますか?

先行入力を使おう

先行入力についてはこちら。

FF14 先行入力とは名の通り、次に使用したい「WS魔法」を先行入力しておける機能です。先行受付時間は「リキャストタイム」の、およそ4分の3くらいで受け付けてくれる機能です。普段からボタンを連打してるかな? っと思いますので気づきにくい「縁の下の力持ち」的な存在です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ff14_senkouuketukezikan_01.png です

特別な設定は要らず時間のロスを最小限に抑え「WS魔法」を使用することができる。普段何気なく使用している仕様のすばらしい先行入力機能です。

※アビリティは「WS魔法」からの受付時間関係なしに先行入力できます。※2018年11月現在、マクロでの先行入力は対応していません。
※また引用文にはWS魔法と書いてありますが、もちろん物理も先行入力可能です。
引用元「いつものFF14」様より 先行入力とは から

まぁようするに、発動可能となった際に遅滞なく行動に移せるようになっているという事ですね。
ちなみに、0.1秒すらの遅滞もなく行動出来るので
特に問題なければ連打推奨、もしくは先行入力受付するタイミングを体に覚えさせると、いい感じです('ω')b

GCDの合間にアビリティを挟む

ウェポンスキルなど使った後、すぐに行動が移せない手待ち時間があります。
その間にアビリティなどの攻撃スキルを挟む事により、手待ち時間ですら攻撃に費やせるようになります。

また、一つのアビリティであればGCDが腐る事もほぼないので
できれば使えるようになってほしいテクニックの一つとなっています。
逆に言えば、高難易度コンテンツに挑みたいと思っているなら

これが使えないと木人は絶対に割れない

というレベルのモノとなっています、GCDを腐らせない同様必須スキルですねw
この辺りまでが使えて、ようやく初心者脱却の階段を一歩進んだという感じになっています。

そもそもその一歩が大きすぎるんですけどね…('ω')

-初心者向け

Copyright© HappyTime , 2019 All Rights Reserved.