【初心者向け】DPSを出す操作~その2~

その1ではDPSを出す動作について、本当に基本的な事について書かせて頂きましたが、今回のその2ではある程度慣れてこないとちゃんと出来ない事について書いていこうと思います。

DoTは切らすな

DoTと聞いて「???」ってなる人に対して簡単な言い方をします。
いわゆる毒です、徐々にダメージを与えていく感じのやつです。

現状全てを理解していないマスターは、ジョブによってはDoTが存在しないジョブもあるのかな?って感じなんですがまぁ大体のジョブに存在します。

侍にもあって、居合術の彼岸花がそれにあたります。
さて、なぜこのDoTを切らしてはいけないのか?というと
細かい計算は省きますが、DoTの効果時間を完走するとほとんどの攻撃よりも一番ダメージを出す攻撃になるからです。

しかし何度もDoT攻撃を繰り返しても、効果は上書きされる為一番弱い攻撃にもなりえます。

まぁようするに一度だけ使って、後は効果が切れたらもう一度入れるだけ。

これを意識する事で、DPSはかなり変わってきます。
ただ、最初のうちはコンテンツ中にDoTが切れたらすぐに入れるという行動が取れないと思います、ギミック処理やスキル回しに必死になりすぎて…(‘ω’)
こればかりはコンテンツ慣れするか、木人を徹底的にいじめて体に覚えさせる他ないでしょう。

自身の強化バフは切らさない、またはリキャスト毎に使う

ジョブにもよりますが、与ダメージアップやクリティカル確率・ダイレクトヒット確率のアップバフなどが存在します、よく言われているシナジーというのも
このバフの事になるのですが、細かい説明は省きます。

ナイトであればファイト・オア・フライトが与物理ダメージ25%アップの効果を持っています。
どのジョブにもこういったバフがありますが、それをリキャスト毎に使うという事をクセづけましょう。

リキャストタイムが長いアビリティは可能な限りすぐに使う

例えば侍の必殺剣・紅蓮や必殺剣・閃影など再使用にかかる時間がそこそこあるアビリティが、どのジョブにも存在します。
大体リキャストタイムが長いモノは強力な攻撃手段になっている為、一度でも多く使えるに越した事はありません。

ゆえに、リキャスト毎に使えるように意識しておくとこちらもDPSの底上げになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク